2014年3月11日火曜日

不昧公御好 若草

松江の殿様 松平不昧公が一月から四月春のお茶席に好んで用いられたお菓子。
   「若草」の由来は、藩主がよまれた歌の       「曇るぞよ 雨ふらぬうちに 摘みてこむ 栂尾山の 春の若草」  から命名されたもの。お菓子のあざやかな色彩と求肥の柔らかい口あたり、感触が春のもえる新緑を連想させます。