2014年3月31日月曜日

ライオン キング


昨年6月21日にチケットを買い 9か月以上も待ってやっと観る番が廻って来たと言う所です。
   3時間  中程で20分コーヒータイムの休憩はあったものの、ずっと舞台に釘付けされていました!!!次々と変わるシーンがより感動的で目が離せません。
  「 サークル・オブ・ライフ」=生命の連鎖(輪廻)   がテーマの野生動物の物語であるが、一人の人間の、一つの家族の、一つの民族の普遍的な物語として、1997年ブロードウェイで上演されて以来17年もの長きに渡り世界中の人々の心に訴え続けて来たミュージカルである。私も観るご縁があった一人として有難く思いました。
「過去の失敗を後悔するよりも過去から学ぶ」と言うサブテーマや、亡くなった父(先代のライオン王国の王)や祖父の命が自分の中に生きている 言う事、繋がれた命を又繋いで行くと言う人間の世界でも最も大切にしなければならない事を教えられた時間でした。

訓練され尽くされて一分の隙もない出演者たちの踊りや歌、それに両サイド下のオペラならオーケストラの位置に、一人ずつ二人が演奏するパーカッションの多彩に奏でられる音には、初めて見て聞いただけに、感動的でした。