2014年3月21日金曜日

断念 残念 コンサート

一週間ほど前から風邪?で咳が続き、コンサートをあきらめました。   会場で咳が出たら困るし、雪がちらつき真冬なみの気候も相まって断念してよかったかなぁ?????
  一月中頃新聞で見た「小澤征爾塾生による特別発表会」   去年も行き是非にと、ローソンにチケットを買いに行き、2ヶ月のあいだずっと楽しみにしていたのに!!
 今年は琵琶湖ホールであり、   音楽会はいつも一緒に行ける友達がいて「琵琶湖の見える大きな窓に面した所で、綺麗な景色を見ながらランチしよう!」と言っていたのに残念でなりません。


今年もきっと小澤征爾さんが指揮されるでしょう!
   去年は期待はしていたが、きっと無理と思い行きました。   若い塾生の演奏はいつもと(ベテラン)
と違いとても力強く心を打つものでした。これだけで充分と言っていましたら、満場がどよめき小澤さんが出て来てアンコールの指揮をされたのです。先の「垣内悠希氏のベートーヴェンもダイナミックな指揮でしたが、小澤さんは指揮の身振りは大きくないのに巨大な音の壁がそそり立ってくるように思える」と明る日の新聞に載っていて、その通りと思いました。   しかも私達の席は、ホールの後側、指揮者の顔や表情が目の前で見える席で小澤さんの後姿ではなく顔がそこにみえたのでした。p席と言うのでしたが全体の音を聞くにはよくないよ!といわれたが、オーケストラの楽器のひとつずつの音が聞けて良かったと一年前を思い出しています。
   ちなみに曲はベートーヴェンの「エグモント」序曲でした。音楽の事は良くわかりませんが聞く事はとても癒されて気持ちがどこか素敵な所に連れていかれるようで好きです。!

去年は京都コンサートホールでありました。