2021年8月3日火曜日

 「きぼう」を見る

国際宇宙ステーションの日本の宇宙実験棟「きぼう」を見ています❗
夏の天体ショーの様に、一際輝く宇宙船が大空を移動していくのを見ると壮大なロマンを感じます!✴️
この点が「きぼう」です
。 
スマホの限界です😅

2021年8月2日月曜日

 🍉その後

小玉スイカ🍉のはずがズンズン大きくなり、補強の為の編みロープが小さくなり、🍉に食い込んで来たので網の交換をしなければなりません❗
ひとまわり大きく編んだ🍉網に交換しました。


ハウスの天井に乗っているのはそのままで良いのですが、今度、収穫の時はどうすれば良いのかと、悩んでいます❗

2021年8月1日日曜日

 早朝散歩

同じ時間に家を出ましたが、もう一週間前と比べ夜明も遅くなっている様子、季節も先に移っています、
稲も長くなっています。
何十年ぶりかで「沢瀉(おもだか)」を見ました❤️
しかも花が咲いたのを!✴️
昔は家の廻りも水田が広がっていて、沢瀉やみぞかくしなどの水草がみられましたが😭
禊萩(ミソハギ) 
「昔からこの辺りではみず萩と言っています。」が一斉に咲いています。
この花が咲けばお盆が来ます❗

我が家も夏水仙が満開です。


2021年7月31日土曜日

 梅酢を使ってイワシ煮

さしす梅を漬けて干した後、綺麗な紫蘇色の漬け汁がが多量に残ります❗
その梅酢を如何に再利用したら良いかと悩みます!💦
農協スーパーに新鮮なイワシがならんでいたので、3パック買って炊いてみました。
圧力鍋で
梅酢、酒、味醂、醤油、砂糖少々、土生姜、実山椒を入れて
いつも入れる梅干しの代わりに梅酢で代用して、、、
骨まで柔らかくて美味しいですが
他にどうして料理に利用したら良いか?
お知恵を拝借したいです⁉️

2021年7月29日木曜日

 竹屋さん巡り

竹に興味を持ち、夏休みの研究も兼ねて、竹製品を扱うお店に見に行きました。
朝9時1分発の京都バスで、
たいちゃんと2人のお出掛けは初めてです❤️
京都には古くから竹を扱うお店が何軒かあります。その地の利は有難いです。
今日最初に行ったのは、
下長者町通り油小路の北東角の横山竹材店のショップ「TAKENOKO」さん興味深い作品が一杯!✴️
店内の奥で若い女性が何やら作業中!
聞けば竹製の自在くぎを制作中とのこと。
200メートル程北にある
作業場に案内してもらい、
作業中の職人さんが快く竹に関する初歩の説明をしてくださいました。
竹を火に炙り油抜きをする
この職人さんは竹の曲げ方を説明。
竹垣に使うクロモジの癖
直しを一本一本、気の遠くなるような作業をしておられる所でした。
最高級のクロモジの生け垣は、桂離宮か修学院離宮位にしか設置されてないと言われていました。
後継者が育ってほしいものです。

二番目に訪れたお店は、三条京阪におる尾上竹材店「竹松」さん
ここは店内一杯に竹製品が溢れんばかりに並んでいます
色んな竹製品を見て、お土産にお箸などを買い、ついでにと鴨川を渡った所にあるシュロ製品のお店も覗いて、
帰りは順調に地下鉄国際会館に着いたら正午でした。
ランチは全くお客さんの居ないコロナの事では安心の会議場グリルで、!✴️
楽しい孫との半日を過ごさせてもらいました🎵

2021年7月28日水曜日

 生け花

オクラレルカ、ユリ、鶏頭、オミナエシ
少し手直ししましたが、たいちゃんが生けました。

2021年7月27日火曜日

 竹細工のクワガタムシ

もう50年も昔の事です。
当時、平安女学院短期大学で家政科洋裁研究室の助手として、授業の中で学生と共に過ごしていて、その学生の一人が郷里の竹人形を卒業の記念にと私に下さったものです。
就職して初めて担当したクラスで、わずか2歳違い、とても印象に残っています。
それはそれは、よくも竹で表情豊かな阿波おどりが表現が出来るものだと、
それ以降何度もその技術の高さに感心しながら眺めていたものですが、
たいちゃんがそれを再現するかのような、全て竹で作ったとクワガタムシを仕上げて見せてくれました❗
胴体も角、足も竹の節を旨く使ってあり、これもビックリです❗